城陽市民プールの口コミ!どんな所?小さい子連れOK?おすすめ情報

猛暑が続くこの季節、家も涼しいけれど、子どもは動きたい!

親としても、夏らしく、プールに連れて行ってあげたい!

でも、子どもが小さいうちは、プールデビューは慎重になりますよね。

1度でも行くとハードルは下がるので、まずは近くにある市民プールくらいからのスタートがおすすめです。

今回は、城陽にある市民プールのおすすめ情報をお届けしたいと思います。

この記事では、お母さんのお出かけの不安・心配を軽くする為、小さい子連れに必要な情報、リアルな口コミ情報、城陽市民プールの基本情報をお届けします。

城陽市民プールの口コミ!どんな所?小さい子連れOK?おすすめ情報

子ども用プール。小さい子どもにぴったりの深さ。(深水30cm)

先日、京都の南、城陽にある市民プールに行ってきました。

子連れぴったりの場所だったので、詳しくご紹介していきますね。

結論からお伝えすると、

城陽市民プールは子連れOK!おすすめスポットです!

小さい子連れにおすすめの理由

  • 規模が大きくない、ちょうどいいサイズ
  • 水深30cmの浅い子ども用プールがある
  • 混雑していない!(特に平日は最高)
  • プールサイドにシェード付きベンチがある
  • とにかく安い!(0歳児は無料、1歳~中学生まで100円!大人200円!)

何かと物入りな子育て中は、料金の安さも嬉しいですよね!

子どもがぐずって、短時間で帰ることになっても、イタくない値段です。

プールは3種類!

  • 25メートルプール7コース(25m×16m×水深1~1.2m)※身長120cm未満は保護者と一緒ならOK
  • 子ども用プール1(水深50cm)※子ども用プール1にはすべり台があります
  • 子ども用プール2(水深30cm)→小さい子におすすめ!

プール以外の設備は?

設備は必要な最低限のものだけ。市の施設でしかも格安なので、仕方ないですね。

  • 男女更衣室
  • トイレ
  • コインロッカー(1回30円) ※受付で両替できます。
  • 入水前シャワー(水なので冷たいです)※温水シャワー室などはありません。

子ども用プール(深水50cm)のスライダー。奥に見えるのは深水30cmの浅いプール。(撮影:オカン)

「子連れプール」当日の流れ

POINT:家で水着に着替えてから行くのがおすすめ!

受付で利用料を払う

プールサイドのベンチを確保する(浮き輪やタオルなど貴重品以外のものを使う)

更衣室のロッカーに荷物を入れる。(家で着ていかない場合は、水着に着替える)

タオルや飲食、遊びグッズ、貴重品など必要なものを持っていく。

プールで遊ぶ!

※貴重品の取り扱いには十分注意してください!

行ってからバタバタしないポイント!

POINT1:水着は家で着てから行く。

POINT2:プールサイドで使う荷物と、ロッカーに入れる荷物を事前に分けておく。

POINT1:水着は家で着てから行く。

家から近くだったり、車で行く場合は、水着(+ラッシュガード)に着替えてから行くと、着いてからバタバタしないのでおすすめです。水着のみは自粛してくださいね。ラッシュガードを着たり、上から軽く服を着てください。笑

帰りに着る服を忘れないように気をつけてくださいね!オカンも忘れそうになった経験が何度もあります。ま、忘れても、笑い話になるのでオイシイのでそんなに気にしなくていいですね!

POINT2:プールサイドで使う荷物と、ロッカーに入れる荷物を事前に分けておく。

事前に必要なものを分けておくと、行ってから更衣室でバタバタ・・・とはならないです。

子どもが一緒なので、プールを見てテンション上がって、待ってくれない時もあります。

家でのひと手間でスムーズに遊べます。

プールで快適に過ごす「おすすめの持ち物」

  • レジャーシート(子どもが安全におすわり、ゴロンできる)
  • 軽食(自動販売機でお菓子、飲み物、カロリーメイトなどは購入できます)
  • 土日は簡易テント(ベンチに限りがあるので、あると便利。レジャーシートでもOK)
  • 赤ちゃん用アームリング、もしくは、浮き輪
  • 水遊び用のおもちゃ
  • 子どもの水遊び用パンツの予備
  • 熱中症予防グッズ(タブレットやOS-1ゼリー、保冷剤など)
  • 濡れてもいい帽子(スイムキャップなど)※屋外なので、頭は暑いです。
  • 大きめタオル(50分ごとに10分休憩があります。休憩中は寒い場合もあります。)

去年までは、売店があったので、たくさんの種類のパンやアイス、お菓子、浮き輪などが売っていましたが、今年からは売店がなくなり、自動販売機だけになりました。(自販機の数は増えています)

城陽市民プールの基本情報

名称:城陽市立市民プール

住所:城陽市久世荒内149番地(北部コミセンの横)

TEL:0774-55-6222 (問合せ先:城陽市総合運動公園)

料金:大人(高校生以上)200円、子ども100円(1歳までは無料)

開場期間:2019年7月10日~8月末日まで

開場時間:10時~17時

休憩時間:毎時50分~00時まで10分休憩

電車アクセス:近鉄「久津川駅」から徒歩20分

車アクセス:城陽インターから100mほど

駐車場:北部コミセン駐車場を利用できる(50台/無料)

設備:更衣室、トイレ、コインロッカー(1回30円)

その他:8月の最終日曜日は無料開放(同日、北部コミセン水泳まつり開催)

城陽市民プールの口コミ!おすすめ情報まとめ

小さい子どもと一緒でも楽しめる「ちょうどいいサイズ」の城陽市民プール。

小規模プールは母と子だけでも行きやすいので、夏休みの平日に、ぜひお出かけしてみてくださいね!

城陽市以外の方も、地域ごとに市民プールはあることが多いので、ぜひお住いの市民プールを探してみてくださいね!

夏の暑さを逆手にとって、プール楽しみ尽くしちゃいましょう!

 

 

夏のお出かけ!おすすめ記事⇨

子供と行ける!関西の室内プールを楽しめるスポット情報2019!

夏休みは子供と体験しよう!2019関西の体験イベント&施設情報

子どもと行く!関西の涼しく楽しめるおすすめ清涼スポット情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です