amazonアソシエイト審査に落ちた→すぐ合格!対策とASP有無

私ごとですが、先日、2回目の挑戦でAmazonアソシエイトに合格しました!申請後から5分も経たずに「通過のお知らせ」メールが届いたので、信じられないくらいあっさりでした。Googleアドセンスに続き、Amazonアソシエイトも合格しにくくなっているみたいなので、参考までに、今回のケースと合格への対策をご紹介していきたいと思います。

この記事は、ブログ歴5ヶ月のオカンがAmazonアソシエイト合格に向けて取り組んだ対策、ASPの有無は関係あるのか、など具体的に解説します。

amazonアソシエイト審査に落ちた→すぐ合格!対策とASP有無

こちらの記事は、Googleアドセンスを通過している前提で書いています。もしまだGoogleアドセンスに合格していない場合は、そちらを優先されるのをおすすめします。

Amazonアソシエイト審査に落ちた後の対策

Amazonアソシエイト審査に落ちた後にやったことは、以下の4点だけです。

・もしもアフィリエイト(ASP広告サイト)に登録してAmazon提携申請

・記事の中にもしもアフィリエイト経由のAmazon広告を貼る

・記事を書き続ける

・申請時のPR文をきちんと戦略的に考える

Amazon商品をどうしても紹介したかったので、本家に落ちた後にまずやったことは、他社ASP経由でAmazon提携を申請しました。他社ASPの方が審査に通りやすいという情報もあったので、まずは広告設置を優先しました。事前情報の通り、申請とほぼ同時に提携が承認されました◎

Amazon提携が可能なASPは、A8.netバリューコマースもしもアフィリエイトの3箇所が有名です。

どこのASPでもいいと思いますが、3つを比較した結果、オカンが良いと思ったのは、もしもアフィリエイトです。他の2サイトより優れている点は以下の通り。↓

・本家と同じ紹介料が入る

・楽天やヤフーなど他のショップと一緒に掲載できる

・「かんたんリンク」機能でサクッと広告が貼れる

・Amazonプライム無料体験やKindleなども紹介できる

など、本家とあまり差がないことから、もしもアフィリエイトが一番よかったです。

よく言われる「審査に通過するためのポイント」を検証

他社ASP広告を非表示にする必要ない!そのままでOK

よく言われるAmazonアソシエイト審査に通過するためのポイントを検証してみました。検証情報はブログ仲間と自身の体験から得たものです。

・掲載記事は、10記事以上 →    3~7記事でも合格している人はいるので気にしない

・文字数平均1000文字以上 →    優良記事を書いていたら1000文字は普通に超えるので論外

・プライバシーポリシーを遵守 →     googleアドセンス通過した方なら大丈夫

・Amazon購入履歴のあるアカウントで申請する →     マストではないが効果あり

・アマゾンプライム(有料会員になる) →     マストではないが効果あり

・他社のASP広告を外す/非表示にする →     広告掲載したままで大丈夫

このように、巷で言われる通過のためのポイントは、絶対ではないです。

特にオカンが主張したいのは、ASP広告を全て非表示にする必要なはい!ということ。

他社ASPを非表示にするための作業に時間を使うなら、優良記事を1つでも多く書いて、アクセス数を増やした方がいいと思います。

他社ASPはそのままでOK!他の対策に力を入れよう!

他社のASPを貼り付けたままでも合格(通過)できるので、気にせず申請しちゃいましょう。

むしろ、他社ASPサイト経由でAmazon商品を紹介するくらいでOKです。

他社ASP広告を利用して、Amazonで実際に購入した商品を自分の言葉で紹介していると、本家からも「このサイトに広告出した方が有益」と思ってもらえるのではと思います。

繰り返しになりますが、実際にオカンが1回目落ちた後に、もしもアフィリエイトでAmazon提携をして、記事中にアマゾン広告を貼っていました。

本家Amazonアソシエイトに合格すればラッキーだけど、本当におすすめだから紹介したいというのであれば、外部ASPサイト経由でも紹介できるので、あまり深刻に考えていなかったというのが正直なところです。

Amazonギフト券Amazon Ecohを紹介したい場合は、本家だけなので、ぜひAmazonアソシエイト合格目指してがんばってください!

他社ASP広告の有無が関係ないのであれば、何が関係しているのでしょうか?

実際にオカンが落ちた時と合格した時の違いを検証しながら、その他に必要な対策を確認したいと思います。

Amazonアソシエイトに落ちた時、合格した時の比較

落ちた時の状況:2019年8月11日

記事数:65記事

月間PV数:3823pv

サイトPR文:108文字

合格した時の状況:2019年9月3日

記事数:80記事

月間PV数:9089pv

サイトPR文:256文字

※共通項:1記事あたりの平均文字数は、2800文字

上記の比較からわかるポイントは、「月間PV数が5001pv以上になったこと」「サイトPR文をしっかり書いたこと」です。

記事数については、10記事未満でも合格している人がいるので、記事数が増えたことは直接的には関係ないと思います。

月間PV数による影響

月間PV数の増加によるサイトの評価に影響は若干ありそう

アソシエイト申請時に、月間PV数などのサイトの状況を申告をします。

月間PV数が「5000未満」か「5001以上」などチェック項目の違いがあるので、今回のケースでは月間PV数の増加による、サイトの評価への影響はあるように思います。

ただ、10記事未満で合格している人の月間PV数がわからず比較できないため、確証はないので、月間PV数が5000未満出会っても、一旦ここは忘れましょう。

※今月PV数上がったぞ!というタイミングは狙い目だと思うので、申請する価値ありです。

申請時に記入するサイトPRの文章の差

PR文の内容は重要です。事前に念入りに伝えるべきこと、文字数を考えて作っておきましょう。

以下に、実際に申請時に記入した文面を載せました。落ちた時と合格した時を比較すると、一目瞭然だと思います。

落ちた時のPR

子育てお役立ち情報を発信しているブログ内で、自分が購入してよかった本やグッズ、おもちゃなどを紹介します。親子防災や、ママの企業にも力を入れていく予定なので、防災グッズ、アウトドア用品、企業本など紹介したいと思います。(108文字)

合格した時のPR

本ブログは、子育て家族が楽しめる情報、お役立ち情報の発信をコンセプトとして、熱意を持って運営しています。

カテゴリーには、子育て、お出かけ、自己啓発、親子防災、暮らしの知恵、ブログ運営など、幅広く皆さんに楽しんでいただけるよう工夫をしています。

定期おトク便をはじめ、日常的にAmazonで購入することが多く、購入商品を皆様にもご紹介したいと思い申請させていただきました。

具体的には、自己啓発・子育て・ブログ運営などの本、Audible、おもちゃ、防災グッズなどの紹介を考えています。どうぞ、よろしくお願い致します。256文字)

いかがでしょうか。全っっっ然、違いますよね!笑

自分でも今見て、びっくりしているくらいです。

この2者なら、当然2回目の人にOK出したくなりますよね。

1回目は軽い気持ちでササっと申請しましたが、残念ながら文章に出ちゃってます。

2回目は自分の強みである「ヘビーユーザーであること」やブログ掲載をイメージしてもらえるように、ブログ「カテゴリー」「紹介したい商品」など、具体的に書きました。

そして、「ちゃんと本気で運営しています」と熱意を伝えるようにしてみました。

合格した時の「型」をまとめると、こんな感じです↓

おすすめの書き方の型(例)

・サイトの紹介(ターゲット、コンセプト、カテゴリー、本気度など)

・ヘビーユーザ(もしくはユーザー)であることをアピールする

・具体的な紹介したい商品

・結文「よろしくお願い致します。」

あくまでなので、自分のサイトらしさ、強みが伝わる内容が大切です。

また、文字数については、256文字以内程度とされていますので、オカンは256文字ぴったりでPRしました。少なくても、8割の200文字以上は必須だと思います。(自分の1回目を棚に置いてなんですが・・・w)

繰り返しになりますが、PR文の内容は重要です。事前に念入りに考えて、自分のサイトと自身のPRポイントについて、伝わる文章にしましょう。

アマゾンの有料会員は必須?

Amazonプライム会員の方が通りやすいと言われていますが、必ずしもそういうわけではないようです。プライム会員にならずに商品購入してきた購入歴があれば十分だと思います。個人的には、Amazonプライムの良さを実感しているので、これから色々購入して紹介したい方にはかなりオススメです。

プライム価格や送料無料は有名ですが、他にも「定期おトク便」や「プライムビデオ」オーディオブックの「Audible(オーディブル)」など、利用価値があるサービスがたくさんあります。アソシエイトに合格するためにというのも良いですが、とにかく一度試してみたい方や、レビュー記事を書きたい方にも、Amazonプライム30日間無料体験はおすすめです。

amazonアソシエイト審査に落ちた→すぐ合格!対策まとめ

Amazonアソシエイト審査に落ちた後の対策をまとめると以下の通り。

・もしもアフィリエイトに登録してAmazon提携申請

・記事の中にもしもアフィリエイト経由のAmazon広告を貼る

・記事を書き続ける

・申請時のPR文をきちんと戦略的に考える

・PR文はサイトと自身の強みをかく

・月間PV数がアップしたタイミングで申請(できれば5001PV以上)

・Amazonプライムの無料体験を登録してみる

オカンがPV数が急激アップした背景には、30日チャレンジ毎日更新していた時期だったこともあると思います。結果、PV数は2倍以上に上がりました。詳しくはこちらの記事に書いています⇨ブログ毎日更新によるアクセス数の変化!30日チャレンジの結果

もしもアフィリエイトでも、十分に商品紹介はできるので、まずは他社ASPでコツコツ記事を書いて、継続して、記事数もPV数もアップに向けて改善していくのでOKだと思います。

そして、PR文をしっかり作ったらあとは構えすぎずに、定期的に申請してみよう~くらいでいいと思います。

継続が何より大切なので、追い込みすぎず、楽しみながらチャレンジしてみてくださいね!

 

 

関連記事:30日チャレンジとは?やり方は?TEDから世界に広まった習慣法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です